良い不動産店を選ぶ物件探しでの意義を役立つ情報とまとめた情報補助サイト

良い物件探しは不動産店をまず見極めるべき!その理由

不動産店の良し悪しと物件の良し悪しを考える

不動産店を選別するべき理由を不動産契約においての不動産店の役割を明示することで、強調すると共に、良い不動産店選びのコツを併せて提示することで、物件選びにおける不動産店の重要性と選別の必要性を訴えることを目的としたページです。 不動産店選びにお役立てください。

日本における不動産店の信頼性と不動産店の見極め方

本項では、日本の不動産業界の信頼性に対する国際的な評価を主軸に、日本の不動産業界の現状の一部に触れつつ、不動産業界に対するマイナスイメージの原因である悪徳業者を避ける上で役立つ、安全性が高い不動産店を見極めるためのポイントを幾つかまとめました。

悪徳不動産業者による被害と回避策

悪徳不動産業者による実際の被害例について提示することで、悪徳業者との契約に対する注意喚起を試みると共に、悪徳不動産業者を避けるための不動産店選びのポイントについてもまとめておりますので、本項を不動産購入の検討材料としてご利用いただければ幸いです。

不動産店を選別するべき理由と方法

不動産店や物件の良し悪しを考えるに当たってまずは、良い不動産店を選ぶために、良い不動産店と悪い不動産店、良い物件を選ぶために、良い物件と悪い物件をそれぞれ定義しておくことが必要でしょう。

例えば、明確なビジョンを持って物件を探しに来た顧客に対して、ビジョンの範囲内で複数の物件を提示するのは良い業者の一つのあり方ですが、顧客のビジョンを無視するような業者は間違いなく悪い業者です。

このように業者に関しては、良し悪しがはっきりと判断できるので、良い不動産店と悪い不動産店は分類が容易ですが、良い物件と悪い物件に関しては全く事情が異なります。

なぜなら、顧客が物件に求めるものが多様であるためです。

一般的には日照時間の良い家は良い物件ですが、夜型の生活を送る人にとっては良い物件とは言い切れないはずなのです。

そこで、悪い物件を欠陥住宅と、売り主側の一存で競売にかけることができる抵当権つき物件と定義しておくこととしますが、欠陥住宅は論外としても、抵当権つき物件は取引があるため必ずしも悪い物件とは明言できませんので、ご注意ください。

さて、ひとまず良い不動産屋と悪い不動産屋、良い物件と悪い物件を定義しましたが、実は物件の良し悪しはさほど重要ではありません。

先述の通りに顧客のニーズが異なるためですが、となると欠陥住宅を除いて物件の良し悪しを左右するのはやはり不動産屋の良し悪しによるところが大きいという事が分かります。