良い不動産店を選ぶ物件探しでの意義を役立つ情報とまとめた情報補助サイト

不動産店の良し悪しと物件の良し悪しを考える

不動産店を選別すべき理由

不動産売買において不動産店が担う役割は、不動産の提示から売買契約にまで至るため、不動産売買の結果を左右するほど大きなウェイトを占めます。

つまり、不動産店が担う役割の大きさは、不動産売買における、不動産業者の選定の重要性と不動産売買の結果に直結し、不動産業者の選別の失敗は、不動産売買の失敗と言っても過言ではありません。

不動産店が不動産売買の結果を左右する以上、不動産店の選定は不動産売買を成功させる上で不可欠であることは明白です。

今後、不動産の売買を予定しているのであれば、不動産業者が仲介業者と買取業者のいずれであるか、分野ごとに担当者がいるか、といった基本中の基本だけでも押さえておくことを強くお勧めいたします。

良い不動産店の選び方

基本的に不動産店は大手と地域密着型に分類され、そこから更に仲介業者と買取業者に別れますが、これは不動産店の得意分野や傾向を示すことはあっても、不動産店が良い不動産店もしくは悪徳不動産店であるかを示すことはありません。

では、良い不動産店を選ぶ方法ですが、物件の下見が可能か否か、物件ごとのメリットデメリットを開示するか否か、顧客の希望に沿った物件を提示するか否かといった、極めて基本的なこれらの要件を満たしていれば、話を聞く価値はあります。

つぎの要件は、連絡に対してのレスポンスのスピードとホームページ情報の更新頻度です。

まず連絡に対してのレスポンスですが、連絡から何日も空いてから連絡が来るような業者であればまずアウトですし、ホームページの更新頻度が低い業者も同じくアウトです。

情報の鮮度が重要な不動産業界において、顧客に対しての反応が鈍い業者や提供情報の鮮度が悪い業者はよい業者とは言えません。